スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

急いでありったけのケーキを袋に詰めて

598 名前: いい気分さん [sage] 投稿日: 2010/12/14(火) 15:36:14
3年前の冬の話
俺がまだ専門学生時代の頃だった
その時俺のツレがコンビ二でバイトしていたので
時間があればよく遊びにいった
 
そのコンビニは大学の近くで大学生が多く、
俺はというともちろん女子大生目当てだったw
その日もバイクを駐車場にとめて
冷え切った体を縮めて急いで中に入ろうとしたのだが
ふと駐車場が気になり視線を気になるほうに向けた
そこには男女の高校生がなにやら重たい話をしているようだった
俺は
「あ~あ、たっだでさえ寒いのに別れ話かぁ」
と思いきやなにやら男の子の方が大きくガッツポーズをしていた
「うおっまさかの告白でしかもOKかっw」
と思いながら入り口の前で眺めていた
それに気がついたツレがどうしたどうしたと言わんばかりに外に出てきたので
説明すると急いで中に入り馴染み客の大学生とごちゃごちゃ話し始めた
それにまったく気がついていない高校生の新カップルが
記念にケーキを買おうといってこっちに向かってきた
俺が急いで中に入ると
大学生の男女含む6人とツレはクリスマス向けのクラッカーを
ニヤニヤしながら握っていた
俺はツレに
「あのカップル記念にケーキ買うらしいぞ」って言ったら
急いでありったけのケーキを俺と2人で袋に詰めて
レジに隠していた


599 名前: いい気分さん [sage] 投稿日: 2010/12/14(火) 15:39:44
高校生新カップルがデザートコーナーに向かったが
そこにはもちろんケーキは無く
「ええええ・・・マジかよ・・・」
と男の子の小さな声がもれていた
すかさず俺のツレが
「すみません。お客様こちらに来ていただけますか?」
と高校生に向かって言った
高校生は「えっ??」と言いつつも
素直にツレの言うことに従い手を繋いで二人でレジへと向かった
レジの前に行くと大学生の誰かが
「せーのっ!!」
「パパパパパンっ!!」っとクラッカーのはじける音がなった
「おめでと~~!!」「幸せ者~」「今日は暖かいや~」
等言葉が飛びかった
高校生は困惑していたが、ツレの
「私の友人が君たちの様子を見てて何かお祝いしたいと思いてやりました。
これはお店からのプレゼントです」
と言う言葉で理解できたらしく
目の前の絶対食べきれないだろうという大量のケーキを
きゃっきゃ言いながら受け取っていました

帰り際に男の子が
「絶対に幸せにします!本当に凄い記念日になりました」と
レジにお辞儀をして手を繋いで帰っていきました
ツレはその後すぐに辞めたので
あまりそこのコンビニには行かなくなった(元々遠かったし)

それにしてもあのケーキの量は逆に邪魔だし
逆効果にならなくてよかったなぁ・・・
[ 2011/12/08 20:00 ] イイ話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。